インプラントの難易度

インプラントの難易度について

上の歯のインプラントの難易度

インプラント治療は、上の歯の方が難易度が高いとされています。手術の成功は、骨密度に大きく依存しているため、骨密度が低い上顎の歯は、専用の金属と人間の骨とが接合するまで時間がかかり、しっかりとしたケアをしていくことが大切になっています。インプラントの治療は、2回手術する方法が主流になっていて、手術の間の期間の過程での歯のケアが重要なものになっています。金属が抜け落ちないように、歯周病にならないような徹底的なケアをし続けることが重要になっていて、家出のケアを怠らないようにしなければならないため、注意が必要がです。

上の歯のインプラント治療とは

上の歯のインプラントの治療を行う場合には、一般的にしたのはの治療を行うときよりも、長期間の治療の時間が必要になります。顎に埋め込む金属が、顎の骨と定着するまでの時間が上の歯の方がかかることが理由になっていて、上下の歯の治療を同時に行う際には、仕上がりに必要な時間が変わっていくようなこともあります。インプラント治療は、骨の密度によって、治療の時間が変わっていきます。骨密度が高い人の場合は、治療のための時間が一般的に短くなっていくため、カルシウムがある食べ物を摂取するなどのケアをしていくことも重要になっています。

↑PAGE TOP